Home

Crew HIP HOP ARTIST YOUTHEROCK★

#FIXME
  • hip hop
  • 音楽

YOUTHEROCK★

YOUTHEROCK★ HIP HOP ARTIST

YOUTHEROCK★ ヒップホップアーティスト

My sns

logo facebook logo twitter
YOUTHEROCK★ (ヒップホップアーティスト)

保存

ー特集ー 16歳、初めて出会う“言葉と音”にやられた衝撃《後編》


《後編》

ー特集ー

B.P.M.Syndicate 2021 / 10 / 16
祝 近田さん古希・芸能50周年


“健康不良少年”として過ごした渋谷。
ヒップホップが照らす未来

ヒップホップアーティスト / MC
YOUTHEROCK★ インタビュー


Interview By Hiroshi Egaitsu
Photography By Yamada Kazunobu
Direction By PROJECT ONE

$image['imageAccArrayItem']['title']


Index

前編
・16歳、初めて出会う“言葉と音”にやられた衝撃
受け継がれ、新たなカルチャーを紡いでいく先人の功績

(後編
・“健康不良少年”として過ごした渋谷。
 ヒップホップが照らす未来


$image['imageAccArrayItem']['title']

“健康不良少年”として過ごした渋谷。ヒップホップが照らす未来

1970年にデビューした近田さんが当時やっていた日本のロックにも東京という世界有数の巨大都市の個性が出ているように、YOUTHEROCK★さんの世代が本格的に始めた日本のヒップホップも、YOUさんたちが活動をしていた渋谷の持つ個性と深く関係があると思います。

「恵比寿に住んでて、渋谷に行くとレコードがあって、仲間がいて、MUROくんが店をやってて・・・自分たちの場所だと思ってたあの頃の渋谷は、サイバーパンク。アメリカのSF小説の『ニューロマンサー』が本当に現実になったような街」

YOUさんたち、日本でヒップホップを本格的に始めた世代は、渋谷でキャリアが始まって、やりたいことを実現していきましたね?

「MUROくんと過ごしたあの期間、マイクロフォンペイジャー(MUROのグループ)と過ごした青春というか。まだ、ペイジャーはペイジャーじゃない、俺は俺じゃない、でもデビューしている。なんとかしたい。(マイクロフォン・ペイジャーのメンバーの)TwiGy達とつるんで“ファイヤーストリート”にたまって、ミックステープを売ったり、そういう時期だった」

$image['imageAccArrayItem']['title']

渋谷には、今では伝説のお店でYOUさんが働いていたDJ BAR INKSTICKというクラブ/バーが公園通りの上にあって、そのあとは今こうして取材をしているOrgan barというお店がができました。

「14年間もここでは”YOU THE ROCK CAFE”というイベントをやらせてもらった。よく人が来てくれたよと思う。この”YOU THE ROCK CAFE”ではこだわっていたことがあって、DJでは基本的にラップはかけない。ロック、パンク、スカとか。例えば、東京スカパラダイス・オーケストラとか好きな曲をかける。いわゆるDJっぽいミックスとかは絶対しない。全部1曲まるまるかけるの。お客のためじゃなくて自分のためにかける。それこそ、近田イズムで、『これって何?』みたいなものをつねに投げていくDJプレイ。

$image['imageAccArrayItem']['title']

Organ barでやってたことは未来への可能性しかなかった。こうした未来へのヴィジョンは、そもそも近田さんの姿を見て感じていたもの。その先にあるパンク=イズムというか。近田さんのPRESIDENT BPMやビブラストーンの音楽は、未来はこうなるんだよという意味が込められて作ったものだとオレはすごく思う。

YOUTHEROCK★さんのレコメンショップ…
Organ barと店長のご紹介はこちら


当時の渋谷ってみんなビッグスクーターに乗っていて。オレ、自分たちのことをAKIRAかなと思ってたよ。ジャンキーじゃない、健康不良少年ってこと。オレらそういう風に生きてんだなって感じていた。そういう感じは新宿じゃなかった。そういう渋谷で生活できたのは本当に楽しかったよ。それは今でも、未だにLOFTの前を通るとあの近未来なノイズ音が聞こえてくるからね」

$image['imageAccArrayItem']['title']

渋谷はどういう街か?と聞かれたらどう答えますか?

「学校。そこで近田さんは授業をやる。先生、校長先生なんだ。

最近考えるけど、やっぱ” HOO! EI! HO!”をカバーしてよかった。そして50歳の自分がこうなると思わなかった。こういう奴が今までいたか?って考えるけど、こんな奴いないから。やっぱり、俺はこの年になってもラップが好きで、近田さんの授業を受けることができて本当に良かった。今振り返ると分かってくることが色々あるよ。ヒップホップって、未来への可能性をいつでも秘めているものなんだ」



前編はこちら


近田さんのインタビューはこちら!


YOUTHEROCK★さんのレコメンショップ…
Organ barと店長のご紹介はこちら

保存

Crew TAGS

New Articles

Special