Home

Crew Market AitoKyouki

#FIXME
  • ファッション
  • 原宿

AitoKyouki

AitoKyouki Market

愛と狂気のマーケット “おもしろい”才能の出会い系

My sns

logo instagram
愛と狂気のマーケット (“おもしろい”才能の出会い系)

保存

あなたも参加できるマーケットが、ラフォーレ原宿に、4月28日にオープン!!


あなたも参加できるマーケットが、ラフォーレ原宿に、
4月28日にオープン!!

$image['imageAccArrayItem']['title']


毎月最大80のクリエイターやブランドが出品、あらゆる新しい才能との出会いを楽しむ場。

ジャンル・カテゴリー問わずスマホで簡単に出品応募可能。一般出品者の募集も開始


ラフォーレ原宿はB0.5階をリニューアルし、
新区画として、自主編集売場「愛と狂気のマーケット“おもしろい”才能の出会い系~」を2022年4月28日にオープンします。
ディレクターに軍地彩弓さんを迎え、最大80のクリエイターやブランドが毎月出品し、あらゆる才能との出会いを楽しむ場所になります。


オープンに際し、出品者の一般募集を開始。応募方法はこちらの公式HPをご覧ください。

ノージャンル、ノーボーダー、ジェンダーフリーとし年齢性別国籍問わず、1ヵ月約2万円からスマホで簡単に出品応募が可能です。アパレル・アクセサリーに限らず、アート・雑貨・書籍・コスメあらゆるジャンル・カテゴリーで、販売はもちろん、展示のみの出品も可能です。

 コロナ禍で人と人とのリアルな出会いが減少する中、クリエイターに寄り添った展示・販売環境を創造すると共に、個性を持った人や才能にフォーカスされていた時代に原点回帰、「P to P(※person to person)」、人と才能を繋ぐ環境を目指す

 今後もラフォーレ原宿は原宿から世界への発信強化、インキュベーション推進を行なっていく。(※売り手・買い手の境目なく、人と人、人と才能が繋がるという意味の造語)


「愛と狂気のマーケット ~“おもしろい”才能の出会い系~」概要

店名     :愛と狂気のマーケット
オープン日  :2022年4月28日
場所     :ラフォーレ原宿 B0.5F
店舗面積   :67.4坪 222.83㎡
出品     :最大80 社/者
HP      :https://www.laforet.ne.jp/aitokyouki
Instagram  :https://www.instagram.com/aitokyouki


ラフォーレ原宿より

コロナ禍で世界が変わってしまったいま、本当に必要なものは何か。
リアルに人に出会い、新しいモノに出会い、ワクワクするような高揚感を味わえる場所。
今こそそういう場所が必要なのだと考えました。
まだ見ぬ、才能や個人に焦点をあてたインキュベーションの場であるために、
クリエイターの皆さまに、寄り添った環境を作りたいと思います。
そしてリアルに受け止める情報や刺激だからこそ、深く感じる、響く、心に届く「何か」があると思っています。
あの面白いものが見つかる場所に行ってみたい、そんな場所づくりを目指します。
私たち、ラフォーレ原宿の使命はそこに。

ディレクター

軍地彩弓
ぐんじさゆみ)
編集者/ファッション・クリエイティブ・ディレクター

大学在学中からリクルートでマーケティングやタイアップを中心とした制作の勉強をする。その傍ら講談社の『Checkmate』でライターのキャリアをスタート。大学卒業と同時に講談社の『ViVi』編集部で、フリーライターとして活動。その後、雑誌『GLAMOROUS』の立ち上げに尽力する。2008年に現コンデナスト・ジャパンに入社。クリエイティブ・ディレクターとして、『VOGUE GIRL』の創刊と運営に携わる。
​2014年に自身の会社、株式会社gumi-gumiを設立。『Numéro TOKYO』のエディトリアル・アドバイザーを経て、ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)や映画のファッション監修、Netflixドラマ『Followers』のファッションスーパーバイザー、関西テレビ『彼女はキレイだった』台本監修、経産省「ファッション未来研究会」副座長、コンサルティング、ディレクション等幅広く活動。

 ​メッセージ
「愛と狂気のマーケット」はあらゆる才能と才能が出会う場所です。
70年代、ラフォーレ原宿がこの地に生まれた時から、原宿は若者カルチャーの発信源となりました。
そこから時代を経て、“原宿”はブランドになりましたが、一方で若い世代が自身の作品を発表するにはハードルが高い街になってしまいました。
コロナ禍を超え、今必要なのはあの頃の原宿の輝きを取り戻すことだと思います。
モノを生み出す人が集まる場所。新しいワクワクするものに出会いたい人が集まる場所。
「愛と狂気のマーケット」は原宿の原点回帰の場所です。
河野未彩さんがデザインしてくれたアイコンの無限大のデザインは、ゼロからイチを生み出すモヤモヤやワクワクを表現しています。
ファッション、アート、ミュージック、エンターテイメント、デジタル、ゲーム、アカデミア、文学、伝統工芸、クラフト・・・。
あらゆる異能たちが作品を展示、販売、交流できる場所。
いわゆるDtoC集積型のOMOショップではなく、ここは人と人がつながる“PtoP”―売り手が買い手となり、買い手が売り手となる新しい広場。
「愛」・・・人と人が集まり、「狂気」・・・異能たちが思う存分その才能を発揮できる、そんなワクワクを私たちはクリエイターたちと共に作り出します。
さあ、一緒に新しい未来をここから創り出しましょう。

保存

Crew TAGS

New Articles

Special