Home

Crew Grimoire inc CEO NAOAKI TOBE

#FIXME
  • ヴィンテージコレクター
  • 渋谷
  • ファッション
  • 古着

NAOAKI TOBE

NAOAKI TOBE Grimoire inc CEO

十倍直昭 ヴィンテージ SHOP オーナー

My sns

十倍直昭 (ヴィンテージ SHOP オーナー)

保存

“国と時代と文化を繋ぐ” をコンセプトにヴィンテージを軸とした様々な分野でクリエイティブに活動しています


Grimoire inc. 代表 
十倍直昭 / NAOAKI TOBE

2008年 Vintage Select Shop「Grimoire」オープン。 世界中からセレクトしたヴィンテージアイテムの販売を行う。また、2021年には日本最大級のヴィンテージ総合 EC モール” VCM を立ち上げ、2022年2月渋谷パルコにて、マーケット型リアルショップの「VCM MARKET BOOTH」をオープンさせた。
豊富な海外経験を生かし、“国と時代と文化を繋ぐ” をコンセプトにヴィンテージを軸とした様々な分野でクリエイティブに活動。 その他に、ウェディング事業、 店舗内装、大手百貨店 / ファッションビル等イベントオーガナイズなど多分野で活動中。


Photography By Yuichiro Nomoto
Direction By PROJECT ONE

前編

WORKS
(POP UP & MARKET Direction)




前半


《お仕事について》
渋谷PARCOへの出店と、セレクトについてお伺いできたらと思います。

去年の6月にVCM(Vintage Collection Mall)という、全国のヴィンテージSHOPが100店舗以上集まるECモールサイトを作らせて頂きました。VCMのリアルマーケット型の店舗ということで、6店舗のお店の方々にご参加いただき、渋谷PARCOさんと一緒に取り組みさせていただいたのが大きい特徴です。商業施設にヴィンテージショップの常設マーケットは今までなかったので、とても貴重な経験をさせて頂く事が出来ました。加えて、ハイブランドのヴィンテージエリアとヴィンテージの洋服を分け、店舗様が期間毎に入れ替わり、常に新鮮な場所を提案する今までにない店舗の形を作らせて頂きました。

VCM MARKET BOOTH の詳細はこちら

最近ではハイブランドのアーカイブ物もヴィンテージとしての認識が出来てきて、とても人気がでてきました。ファッション感度の高い方々はハイブランドのヴィンテージアイテムと古着を上手くコーディネートされていて、両方のアイテムが一度に見れる空間をリアルに作ってみたいという思いが、渋谷PARCOさんのお力添えのおかげで実現する事が出来ました。

《パーソナル質問》

学生時代、何か部活されていましたか?

小学校、中学校と野球をやっていて、野球推薦で高校に進学しました。
ファッションや音楽、海外カルチャーに以前から興味があり、スポーツの道からファッション、カルチャー系の道に進みたいと思うようになりました。

休日の好きな過ごし方を教えてください。

休日はリフレッシュの為に趣味であるサウナや温泉で過ごす事が多いですね。ジムに行ったり、食べ歩きも趣味なので休みの度に東京都内を中心に、趣きのある飲食店に食事に行ったりしています。

好きなモノやコト、趣味などありましたら教えてください。

やはり仕事でもあり、趣味でもあるヴィンテージアイテムを収集する事ですね。洋服はもちろん、家具や雑貨も大好きなので歴史を感じるヴィンテージアイテムを探して手に入れる事が一番の喜びです。

愛読本があれば教えてください。

本に関してはヴィンテージの知識を得られるような資料を読む事が多いです。なかなかネットでは得られないような知識を昔の雑誌や資料から勉強しています。

好きな音楽を教えてください。

ヴィンテージを仕事にしていると、音楽とファッションはとても密接な関係にあると思っています。自分が様々な部分で影響を受けた1980年代〜2000年代頃のアメリカ、UKロック等は良く聞きますね。

好きな映画を教えてください

映画は昔から大好きで音楽と同様、ヴィンテージに興味を持ったきっかけと言っても過言ではない位、なくてはならない物でした。
やはり1970年代〜1990年代頃の映画が自分のルーツになっているのかなと思います。
好きな映画はジャンル別でたくさんあるのですが、一番好きな映画を絞れと言われたら『The Godfather 3部作』。名作すぎてもう何度も観ているのですが何度観ても痺れますね 笑。

$image['imageAccArrayItem']['title']

あなたが大切にしている言葉があれば教えてください。

僕が仕事をさせて頂く上で意識している言葉は、「時代と文化を繋ぐ」って言葉です。時代は繰り返されるって良く言われますが、全く同じ時代が繰り返されている訳ではないと思います。その時代に合った古き良き物をアップデートした見せ方で新しい価値観を作っていく事を目標に掲げています。

あなたらしさとは、どんなところですか?

自分らしさとは、と考えるとヴィンテージの仕事をさせて頂いてる立場だからこそ、良き時代を現代にアップデートして伝えていく事だと思っています。

何か自慢できることがあれば教えてください。

自慢出来るかどうかはわかりませんが、海外を旅する事が10代の頃からの趣味だったので、バックパッカーをやっていた時期から仕事で海外に行く事になり、世界中のヴィンテージのマーケットを見た多くの経験は今でも自分の発想やルーツになっています。


後編はこちら


その他の特集はこちら!

保存

Crew TAGS

New Articles

Special